×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

口臭ケアをしよう!

口臭には気をつけたいですね。しばらく沈黙していて、人と話し始める時には自分の口臭をチェックしています。もぁっとした自分の口臭を感じた時はショックというか、どうしよう!って感じになりますね。なんだか口を開けることが怖くなって、上手く会話できなかった経験があります。他人の口臭も気になりますが、ニンニク料理を食べた後とか、お酒臭いのは確かに臭くて迷惑なのですが、口臭の原因がはっきりしているので、まだ許せる気持ちがあります。口臭で困るのは、ドブみたいな臭いとか、ちょっと酸っぱいような変な臭いです。この種の口臭は、不潔感がありますし、この人大丈夫?っていう気持ちになります。口臭があると、どんなに素敵な方でも興ざめというか引いてしまいますよね。気づいていないなら教えてあげたいけど、なかなか言えないですよね。自分もそうな風に思われたくないので、しっかりケアしないとって思っています。口臭をケアするには、口臭の原因と対処と予防法をきちんと理解する必要があると思います。

スポンサード リンク

口臭の原因と種類について

口臭の原因にはいくつか種類があります。まず、本人は口臭があることを気にしているのですが、実際は口臭がしないという仮性口臭症というものがあります。実際に口臭があるものには、病的口臭といわれるもので、蓄膿症や慢性扁桃炎、糖尿病、癌などの病気が原因しているものがあります。また、舌苔、プラーク、膿などによって起こる口臭と、生理的口臭といわれる
朝起きた時やお腹がすいている時、緊張している時などに発するものがあります。口臭の原因となる物質は、代表的なものを挙げると、まずは硫化水素です。良く言われている卵の腐った臭いです。次に挙げられるのはメチルメルカプタンです。これは血生臭いような魚臭いような感じです。最後は硫化ジメチルです。これはごみ臭い感じです。口臭の正体というのは硫化水素などたくさんの物質があって、それが混ざり合って口臭というものを作り上げています。口臭を器械で測定できますが、測定できる物質は、硫化ジメチル、硫化水素、メチルメルカプタンの3つだけです。歯科医師や歯科衛生士が臭いを嗅ぐ方法もありますが、ちょっと怖いというか傷つきますね。

口臭の予防法

口臭には、いくつかの原因がありますので、どうしても気になる方は、歯科医師に診察してもらうことが一番良いと思います。口臭予防として自分でできることは口腔内ケアです。つまり歯磨きや歯間ブラシなどで、口の中を清潔にお手入れしてみて、自分の口臭をチェックしてみては如何でしょうか。口臭の原因が、食べかすやプラーク(歯糞)をきちんと取り除けていないことが原因である場合は多いようです。口臭をあまり気にしていない方の多くは、食後の口腔内ケアを行っているようです。歯磨きは、できるだけ鏡を見ながら1本1本を丁寧に磨くべきです。正しい歯の磨き方は、歯科医院で指導してくれますよ。ブラッシング指導といって、スクラビング法やバス法という基本的な磨き方を指導してくれます。そして、歯の表面だけではなく、歯と歯の間の汚れは口臭の大きな原因になります。歯間ブラシを使うと、歯磨きでは取れなかった食べかすやプラークを取り除けますので、かなり効果的な口臭予防になると思います。愛煙家の方は、ヤニを落とすだけで、口臭の予防効果があります。

Copyright © 2008 口臭の原因と対処・予防について